大事なのは考え方!旧帝大合格ブログ

大学以降も念頭に入れた勉強法を。【難関大的思考法】を届けます。

難関大的思考法のまとめ記事はこちらから。


受験生の黄色チャートの活用法とその目標

1. 基本的な問題パターンの攻略

私がよく「ベタな問題」と説明する基本的な問題です。

制限時間の制約に対応する方法:たくさん引き出しを作っておく

現状、入試における数学は、スピードも考慮されるポイントの一つです。例えば、1週間かければ解ける問題であっても、設定されている制限時間内に解ききれなければそれは評価されません。

そのときに、ええとこの問題は、なんだったかなー?というのがあまりに多くあるのはよくありません。それゆえ、何度も解き、自分のモノにしておきたいのです。

時々、考えることが大事だという言葉を100%信じてしまい、本当に1からぶっつけ本番で考えている生徒さんを見かけますが、あまりお勧めしません。もちろん、考えることは非常に大事なことではあると思います。しかし、ある程度ベースとなる基本問題が頭の中にないと制限時間ということを考えたときには厳しいと思います。

帰着する

また、新出問題であっても、「あー、あの問題に似ているなあ」と感じれば、その似ている問題の解法を新しい問題のアプローチに使うことも狙えます。これは何も受験数学という狭い範囲だけの話ではなく、帰着するという考え方は数学全般で使われている話ですので、利用価値は大学進学後も大いにあると思います。

なぜそう解くか、時間がある時考える。

その際、なぜこの問題ではこのようなアプローチをするのかを1回1回確認しましょう。理想は、人に聞かれても説明ができるレベルにしておくことです。時間のあるときに思考のアソビをしておくと、時間がなくても対応できるようになります。つまり、思考のプロセスが同じものであれば、省略できるようになるのです。復習の2回目、3回目になると1回目より復習スピードが上がってくるのと同じ原理です。

2. 不安な分野を改めて重点的に解きなおす

学校から与えられる問題集というのもあるでしょう。受験生であれば、この時期はそろそろ入試問題に近い問題をわりとたくさん解いていることと思います。あるいは、模擬試験で判明した、まだ弱い分野もあるかと思います。

そのような、自分の弱点を再度鍛えなおすために、黄色チャートを使いましょう。黄色チャートの中で恐らく弱い部分というのが見つかることかと思います。そこで、何が原因で自分はこの問題が解けなかったのかをできるだけ詳細に正確に見つけるようにしましょう。間違えた原因を別の色で書いておくといいでしょう。「←ここは計算ミス」とか「←定義域の見落とし」とか。

<よく受ける質問>

Q. 上の例題と下の練習問題、両方解いた方がいいですか?

Q. 下の練習問題だけ解いてもいいですか?

正直お好きなように、ではありますが、基本的に例題の方が練られています。練習問題は、例題を踏まえ、少し複雑な計算であったりアプローチを求めるものが多いです。なので、基本的には例題を解き、例題だけでは不十分に感じた場合は、下の練習問題を解くようにすればいいのではないかとアドバイスします。あとは、どうしても上の例題の真下に解答が書いてあって答えを見てしまう誘惑に駆られるので、と言われたので、そこまで明確な原因があるのであれば、どうぞ練習問題だけ解いてください、ということはあります。