読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大事なのは考え方!旧帝大合格ブログ

大学以降も念頭に入れた勉強法を。【難関大的思考法】を届けます。

難関大的思考法のまとめ記事はこちらから。


【難関大的思考法・基本】覚える能力が人より劣っても、それは長所に変えられる。

問題集で、未定着なところがあるなら、できるようになるまで徹底的にやってみよう、と。人と同じだけやったとしてもできないなら、人の倍やってみよう、と。

ところが具体的に数字にしてみるとなかなか厳しいものです。隣の席のある子は2時間で身に着けられることが、自分は4時間かかる。問題集も周りは2周したら覚えられるらしいけど、自分は4周くらいしないと自分でできるようにならない。こんなんでいいのか?と。自信がなくなるときもあるでしょう。

倍かかってもいい。で、そこから、どうするか。

上のように、人の倍かかってしまうことが薄々わかったとしましょう。しかし、これはもって生まれた素質なので、仕方ないのです。で、そこからどうするか、です。

自分自身は長期記憶に残りやすい、という点でお勧めできます。人よりも覚える力がないのであれば、様々な覚え方の工夫、理解の工夫をしたりします。そのような工夫が生きてきます。現に、かくいう私が高校生のとき(、今から10年ちょっと前)に勉強した数学とか物理で飯を食っているわけで。

だから、自信をもって、人の倍、人の3倍、やってみてください。その成果が出ると、がんばりがいが出てくると思います。