読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大事なのは考え方!旧帝大合格ブログ

大学以降も念頭に入れた勉強法を。【難関大的思考法】を届けます。

難関大的思考法のまとめ記事はこちらから。


【難関大的思考法】まずは、イメージ。自分に腑に落ちるイメージは実現します。

なんでもそうですが、実はイメージできるかどうかというのは非常に大事なことなのです。

大京大合格法の極論。

東大、京大に行きたい、と。それならば、自分が東大の時計台を眺め、そして東大の講義棟のなかに足を踏み入れ、教室で講義を受けるイメージをし、周りの東大生と話をしているイメージをして、違和感がなければ受かります。京大の時計台の下のくすのきを通り抜け、学食で食事をし、そして教室で講義を受け、同級生の京大生たちとサークル活動にいそしむ、京大付属図書館で本を読破する、そんなイメージに違和感を覚えなければ受かります。

 

ここで言っているのはあくまで一例なので、自分が望む生活は何かイメージしてみて、それが腑に落ちれば受かります。

誰かと付き合いたい、誰かと結婚したい、それならその誰かとともにデートし、結婚生活を送る姿をイメージし、それに違和感がなければ遠くありません。

イメージしても、実現しないような気がする理由

そこに違和感があるのは、現在の自分がそのイメージしたときの自分とは違っているからです。あるいは、実は自分自身あまり望んでいないことなのかも、しれません。

類は友を呼ぶの法則←「引き寄せの法則

そういう経験は実は読書経験の中で出会った本を読んで、最初はホンマか??と思ったわけですが、案外あたっていて驚くわけです。

ザ・シークレット

ザ・シークレット

 

ややうさんくさいのが玉にきずですが、結構当たってます。看護婦さんの話、大学生活の話、仕事場の話、家族の話、などなど。

その場所に足を運ぼう。時空が自分の方向にゆがみます。

ある日曜日、京都に用事があって、ついでにと思って京大をぶらり30分くらい散歩したのです。そしたら、その次の週くらいに、半年くらい連絡を取っていなかった助教から連絡をもらったという自分でもびっくりな出来事があったわけです。「何を思って??」と、思いました。

大京大に受かるかもしれない、やっぱり受かりたい、と思う人は、時間の余裕があれば散歩くらいでいいです、ぶらり旅してみたらどうでしょうか。日帰りで行ける距離なら行った方がいいと思います。

うさんくさい記事を紹介

信じるも信じないも自由です、という前置きとともに

matome.naver.jp