大事なのは考え方!旧帝大合格ブログ

大学以降も念頭に入れた勉強法を。【難関大的思考法】を届けます。

難関大的思考法のまとめ記事はこちらから。


【難関大的思考法】記事紹介:サッカーでも考え方は同じです。

「決まらないシュートは打たない」、同志社大が示した思考のアップセット(小澤一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

長年に渡り「決定力不足」が叫ばれる日本サッカー界の指導現場ではいまだにシュートの理論と論理的指導へのアプローチが少なく、それゆえに冒頭のような声が監督、コーチから飛び交う。そのためか、日本にはシュートが外れてもチームメイトから打った選手に「ナイスシュート」なるかけ声(なぐさめ?)も出るのが常識となっている。

そんな常識を真正面から覆すような取り組みを行なっているのが、大学サッカーで今年関西1部リーグに復帰を果たした同志社大学だ。

4月9日(土)に開幕した2016年度 第94回関西学生サッカーリーグ(前期)1部リーグ第1節で昇格組の同志社大学は、昨年度のリーグ戦とインカレ(全日本大学サッカー選手権大会)で準優勝している全国区の強豪・阪南大学を破るアップセットをいきなり起こした。

---

彼らが確かなシュートの理論と技術を手にすることができた理由は、屈辱の2部落ちを経験した昨年度からテクニカルディレクター(TD)を務める同大OBの元Jリーガーで現スポーツジャーナリストでもある中西哲生氏の存在があってのこと。

現役引退後に監督業を営んでいるわけではない中西氏ではあるが、プロのサッカー指導者以上に「決まるシュートとは何か?」を様々なアプローチによって突き詰め、一つ一つのシュートを理論として構築するのみならず、技術に落としこむためのトレーニング(ドリル)メニューもきちんと作って指導現場に立っている。

その中西氏は常々、「日本サッカー界には『決定力不足』という言葉がありますが、日本には物事を抽象化してしまうマジックワードの弱点が幾つかあって決定力不足もその一つ。私は絶対そこから逃げないし、『全て論理にする』という覚悟を持って取り組んでいます」と話している。

長々と引用してしまいましたが、

とにかく、いつ、どのようにすれば得点になるのか、どのような時に得点にならないのかをしっかり追跡していくことが体力温存につながります。それをすることが指導者の役割ではないかと思います。「なんとなく」というのはできるだけ少なくしたいものです。