大事なのは考え方!旧帝大合格ブログ

大学以降も念頭に入れた勉強法を。【難関大的思考法】を届けます。

難関大的思考法のまとめ記事はこちらから。


【みらいへの羅針盤】電気工学、電子工学の違い

私は電気情報生命工学科卒業ですので、自分の経験も少し踏まえて、電気工学と電子工学、どういう違いがあるのかを簡単に説明したいと思います。

電気工学って何するん?

電気工学と電子工学は、強電と弱電と言われたりします。強電は、モノを動かすエネルギーにフォーカスしているものです発電、送電、電力などを指します。イメージは「電」って感じです。

電気工学 - Wikipedia

電子工学って何するん?

それに対し、電子工学、弱電はモノをコントロールすることにフォーカスします。おおざっぱに言うと、「コントロール」です。制御工学の分野です。近年ではネットの猛烈な発達の影響もあり、情報通信の分野も弱電が担っています。

さらに電子工学では、名前の通り、電子回路について習います。あと、高校時代になじみは薄いかと思いますが、半導体の性質を学びます。運動方程式を学ぶと、物体の動き方の法則を知れたわけですが、運動方程式の電子バージョンを大学では勉強します。量子論量子力学で学びます。なお、それがベースになって化学で習う電子配置なども説明できます。また、物理(基礎じゃない方)を選択した人にはなじみのある、誘電体も専門的に扱います

電子工学 - Wikipedia

実際はまざってます

ただ、電気工学と電子工学は共通した話が多く、制御の話は電気工学でも基本的なところは勉強します。電子工学でも、電気エネルギーの話はざっと触れます。何を中心に勉強するのか、という話であって、電気工学と電子工学の境界はビシッと線がひかれているわけではなく、結構あいまいです。

<参考>1ページのなかで実際の研究内容が読みやすくまとまっているので紹介します。ノーベル賞天野先生も載ってました。

電子工学 | 名古屋大学大学院工学研究科電子情報システム専攻