大事なのは考え方!旧帝大合格ブログ

大学以降も念頭に入れた勉強法を。【難関大的思考法】を届けます。

難関大的思考法のまとめ記事はこちらから。


【プロフィールの裏側】考え方の柱になっている島田紳介さんの動画(1)XとYの法則

芸能界を引退した紳介さんの動画、「XとYの法則」があります。

この動画では、漫才のための話になっていますが、どの分野でも当てはまる話だと思います。たぶん大学生になっても、社会人になっても使えると思います。


島田紳助 XとYの方程式の話

 

ポイントは、自分の現状(X)と、目指すゴール(Y)を分析し、その間を埋めるために、自分は何をすべきかを考えることが重要だということです。 

まず、自分の現状を十分にとらえられてないと、簡単すぎる問題をわざわざ丁寧に勉強したり、ぜんぜんできない問題集を一生けんめいウンウン考えて無駄な時間を使うハメになります。

また、ゴールがわかっていないと、必要でない分野を一生懸命やったり本当は重要である分野に十分時間を割いていないまま入試を迎えたりします。

X=今の能力、Y=目指す大学のレベル

つまり、自分の現時点での能力を過大評価せず、そして自分の目指している大学が課している問題レベルを見据えて、それに近い問題の乗っている問題集を解くことです。今いる場所と、目指すゴールを見て、そこに至るまでの階段を自分で作るわけです。

過去問の重要性

とすると、過去問も買わないままに勉強をしようというのは地図を持たずに勉強しようとしているのと同義です。そういう話をしたときに、納得してもらえるはずです。